2037_01
31
(Sat)00:00

TOP

ポケモンをやってたりやってなかったり…
ブログ更新は気が向いたときします。

Twitter:https://twitter.com/milky_white_
スポンサーサイト
2017_02
18
(Sat)01:51

【ポケモンSM シングル】 レート2000達成構築 【シーズン2】

こんにちは、みるきぃです。
遅くなりましたが、今期もレート2000を超えることができたので、記事を投稿したいと思います。


120px-Kapu-Fala_PGL.png120px-Ramoth_Traumwelt.png120px-Austos_Traumwelt.png118px-PGL_Mega-Gengar.png120px-Rihornior_Traumwelt.png120px-Mimigma_(Verkleidete_Form)_PGL.png
S1で猛威をふるったテテフ+パルシェンに強力な炎枠を加えることで、より一層とめにくくなると思い、これを軸に組み始めました。しかし、炎枠・持ち物で迷走してしまい、あまり勝てずに足踏みしていました。そんな時、外来種様のブログのテテフパルウルガが目に入り、持ち物や技構成に感銘を受けたので、参考にさせて頂いた結果、当初思い描いていた並びで仕上げることができました。


◆カプ・テテフ@気合の襷 サイコメイカー
145-*-96-200-135-147
サイコキネシス/ムーンフォース/めざめるパワー地面/挑発

確実に1度行動することができる気合の襷。
構築上重くなってしまった、ジバコイルやヒードランに対しての打点となり、命中安定技である、めざめるパワー地面を採用。
相手の積み展開を阻止できる挑発。見たらわかるように相手の襷パルシェンに殻を破られると、負けに直結する並びのため、破らせないために挑発を打つ場面も多く、この構築と相性の良い技でした。
性格に関しては、私は控えめしか持っていなかったのでそのまま流用しましたが、臆病一択だと思います。


◆ウルガモス@ノーマルZ 炎の体
161-*-99-190-125-152
炎の舞/ギガドレイン/破壊光線/蝶の舞

・A200マンムーの地震(最高乱数切り)+氷の礫耐え

積みエース①
Z破壊光線は、ボーマンダ・リザードン・ギャラドスでウルガモスを止めようとしている構築に対して、有利に試合展開を進められるので、便利な役割破壊技でした。
炎技は命中安定で耐久に回した分の火力を補える可能性のある炎の舞を選択。しかし、C+1段階上昇の炎の舞では167-171ギルガルドが乱数1発になってしまうので、そこを意識するのであれば確定1発の火炎放射のが良いと思います。


◆パルシェン@王者の印 スキルリンク
125-161-201-*-65-122
氷柱針/ロックブラスト/氷の礫/殻を破る

積みエース②
不利対面も4割で覆すことができる王者の印。
安定して積む場面をどのように増やすか悩みましたが、敢えて地面の一貫性を作り、地面枠の選出誘導することで落ち着きました。思惑通り、大半の試合でガブリアスや霊獣ランドロスといった地面枠を誘導できたので、容易に積む機会を作れました。


◆ゲンガー@ゲンガナイト 呪われボディ
135-*-81-182-96-178(メガ前)
祟り目/ヘドロ爆弾/催眠術/身代わり

6世代で爆発的な流行を見せた催眠ゲンガー。
主にサイクルを回す構築(例:カプ・ブルル+ドヒドイデ)に対して投げてサイクルカットするのが仕事です。
選出率は低めでしたが、選出した試合はしっかり活躍している印象でした。


◆ドサイドン@イワZ ハードロック
191-199-154-*93-82
地震/ロックブラスト/岩石砲/剣の舞

・192-156ポリゴン2をA+2段階上昇Z岩石砲で確定1発
・A172バシャーモの珠飛び膝蹴り確定耐え
・C200カプ・テテフのサイコフィールドサイコキネシス最高乱数切り耐え
・4振り60族抜き

バンドリュ・ガルーラスタン・受けループに対する駒。
耐久寄りのポケモンを処理できる剣の舞+Z岩石砲を採用。
現環境はSの高いポケモンが蔓延しているので、下記で説明するミミッキュとセットで選出してトリックルームを展開して、下から崩す動きが刺さっているように感じました。


◆ミミッキュ@精霊プレート 化けの皮
143-126-117-*126-146
じゃれつく/呪い/トリックルーム/守る

・A207メガギャラドスのA+1段階上昇滝登り確定耐え
・S80族抜き

最も安定して行動できると思っているトリックルーム要員。
80族の上を取りつつ、トリックルーム下で準速カプ・テテフやミミッキュに対して先に動きたかったので、この素早さになりました。
退場技の呪い、呪いダメージの蓄積に貢献できる守るを採用しました。トリックルームと守るはアンチシナジーですが、呪いをどのような意味合い(削りまたは自主退場)で使うかを考えれば問題なく立ち回れました。
正直、配分や持ち物が迷走したまま潜っていたので、改めて考え直したいと思っています。
追記:陽気にすることで同じ配分でも努力値が12余るみたいです。


シーズン2も目標としているレートまで上げられたので概ね満足していますが、ミミッキュの調整に不満が残っているので、その辺を弄りつつ残り1ヶ月潜りたいと思います。
ここまで読んで下さりありがとうございました。
また、ブログ転載の許可を下さった外来種様ありがとうございました。
aaaaaaa.jpg
2017_01
03
(Tue)02:11

【ポケモンSM シングル】 レート2000達成構築 【シーズン1】

お久しぶりです、みるきぃです。
サンムーンで初めてレート2000を超えることができたので、記事を書かせて頂きました。
前置きはこの辺にして早速パーティ紹介に移りたいと思います。


120px-Kapu-Riki_PGL.png120px-Kapu-Fala_PGL.png117px-Knakrack_Traumwelt.png120px-PGL_Mega-Metagross.png103px-PGL_Mega-Garados.png120px-Mimigma_(Verkleidete_Form)_PGL.png
フィールド下で高火力を叩き出せるカプ系を通して勝利することに重きを置いて構築を組みました。


◆カプ・コケコ@エレキシード
175-*-112-128-96-181
10万ボルト/マジカルシャイン/瞑想/羽休め

・B+1段階上昇でA200ガブリアスの地震確2
・最速メガルカリオ抜き

テッカグヤを処理できる積みアタッカーとして採用。
エレキシードを持たせたことで、ガブリアスを処理またはスカーフの判断ができます。有利対面を作れたらとりあえず瞑想を積むという動きが単純に強かったです。


◆カプ・テテフ@エスパーZ
175-*-107-190-135-115
サイコキネシス/ムーンフォース/めざめるパワー炎/瞑想

・A197メガボーマンダの捨て身タックル最高乱数以外耐え

耐久に大きく割いたことで初手出しの安定性が格段に上がったテテフ。
瞑想の枠は元々、自然の怒りを採用していたのですが、ポリゴン2やハピナスのような回復技持ちにフィールド消滅まで粘られるのが嫌だったので、火力を上げることのできる瞑想に変更しました。その恩恵として瞑想で1段階上昇した状態でギルガルドと対面した時にシャドボを耐えつつ、エスパーZサイキネ+サイキネで処理する動きもできるようになりました。
私はめざ炎で回していましたが、受けにくるジバコイルに困ることがあったので地面にした方が立ち回りやすくなるかと思います。


◆ガブリアス@拘りスカーフ
183-200-116-*-105-154
逆鱗/地震/ストーンエッジ/毒づき

パーティ単位で重いと感じるカプ・コケコやガブリアスを上から叩けるようにスカーフを持たせました。
選出率は低かったものの、痒い所に手が届くので必要不可欠な存在です。


◆メタグロス@メタグロスナイト
169-203-152-*-111-109(メガ前)
コメットパンチ/バレットパンチ/アームハンマー/地震

・A156ミミッキュの+2段階上昇シャドークロー最高乱数以外耐え(急所率非考慮)
・準速ミミッキュ抜き

フェアリーの一貫を消せて壁構築に安定して選出できる鋼枠として採用。
思っていた以上にガブリアス,マンムーといったタイプ一致地震持ちと対面することが多かったので、耐久に振っておいて良かった印象でした。アームハンマーはポリゴン2意識です。


◆ギャラドス@ギャラドスナイト
181-177-100-*-121-134(メガ前)
滝登り/地震/身代わり/竜の舞

テッカグヤを見れる身代わり持ち。
最近見かけるようになったギガドレ持ちもメガ進化せずに身代わりすることで1回身代わりが耐えるので起点にできます。


◆ミミッキュ@気合の襷
131-156-100-*125-148
じゃれつく/シャドークロー/影打ち/剣の舞

ストッパー兼積みアタッカー。
メガボーマンダやメガギャラドスに無理矢理投げられるように襷。
A+2段階上昇のじゃれつくではバルジーナは落ちないので注意が必要です。



正直環境に刺さっていただけで、構築の完成度はそれほど高くないと思いますが何らかの参考になれば幸いです。
ここまで読んで下さってありがとうございました。
C1KRTv7VIAEWi8S (2)

2015_03
06
(Fri)02:06

学ぶ

シーズン7で使っていた構築を回していたのですが、レートが伸び悩んでいたので泣く泣く別の構築にすることにしました。そこで私が目を付けたのは、巷で噂の対面構築です。
BW2の頃に使ったことはあったのですが、全く勝てず放り出してしまったのでこの際に勉強し直そうと思いました。ありきたりな並びなので今回はざっくりと。

445.pngm06.png20140929041236cc9.png471347.png522984.png621040.png


ガブリアス@ヤチェ
陽気AS
逆鱗/地震/岩石封じ/剣の舞

ガルーラ@ガルーラナイト
意地っ張りAS
捨て身タックル/猫だまし/地震/冷凍パンチ

ギルガルド@ラム
意地っ張りhAs
シャドウクロー/影うち/聖なる剣/剣の舞

バシャーモ@命の珠
無邪気CS
馬鹿力/オーバーヒート/めざめるパワー氷/守る

ボルトロス@オボン
図太いHB
10万ボルト/めざめるパワー氷/電磁波/悪巧み

スイクン@ゴツメ
図太いHB
熱湯/冷凍ビーム/眠る/寝言


ガルーラを意地ASにしたのは、火力も欲しいけどSもあまり落としたくない…そんな欲張りな考えのもとです。ガルドをラムにしたのは、この構築の弊害となるカバルドンの欠伸ループを抜け出すためです。ガルーラをグロパンのやつにすれば楽に処理できるだろうけど範囲が狭まるのが嫌ってこちらにしましたがASグロパンも面白そうですね。

この構築を使って思ったことは
・耐久の高いボルトロスはしぶとく電磁波をまき散らせるから結構強い
・受けまわすptとは違い無駄な読みが少なくて動かしやすい
こんな感じですかね。


レート2000を越えられたので立ち回りもそれなりに理解できたのではないかと思います。
シーズン8 2000到達


基本的に受け回して勝利する構築を好んで使っていましたが、今回のような「殴って勝つ」という趣旨の構築も面白かったので今後も使っていきたいです。
2014_12
22
(Mon)23:21

【シングル】クレセガルーラ【ORAS】

初めまして。みるきぃと申します。
初投稿なので至らぬ点もあると思いますが宜しくお願いします。
それではパーティ紹介に入りたいと思います。

20141222203708b3f.png
ORASで解禁したメガポケモンにあまり魅力を感じなかったのと、XYで使い慣れたPTを使おうと思ったのでクレセガルーラにしました。
裏はガルーラで重いと感じるポケモンを処理できるような並びにして出来る限り動きやすくしたつもりです。


【個別解説】
642.png
ボルトロス@命の珠 いたずらごころ
臆病CS
10万ボルト/めざめるパワー氷/気合玉/電磁波

XY終盤になって個人的評価が上がった珠ボルトロス。有利対面では10万ボルト等、不利対面や死に際に電磁波と選出しておけば大体仕事をしてくれます。ボルトロスが刺さってるPTが多かったのでステロを撒いてそのまま半壊させるという対戦が多々ありました。初めは気合玉か草結びかで迷ったのですが回してみて気合玉のが欲しい場面が多く感じたので気合玉を採用しました。外したら諦めましょう。

645-s.png
霊獣ランドロス@ゴツゴツメット 威嚇
腕白HB
地震/岩石封じ/とんぼ返り/ステルスロック

主に物理アタッカーに対してクッションとして投げ、その後の展開を有利にもっていく役割を担っているポケモン。凄く活躍したという印象はあまりないけれど安定した後続へのサポートができていたので入れておいてよかったと感じています。ステロの枠は叩き落とすか選択になると思います。ステロでよかった場面もあれば叩き落とすがあればという場面もあったので一長一短な気がしますが…

488.png
クレセリア@オボン 浮遊
図太いHB
サイコキネシス/冷凍ビーム/トリックルーム/三日月の舞

ガルーラの補佐。トリックルームを採用した理由は高速アタッカーが重かったのと、こちらのPTのSが全体的に遅かったので下から殴れるようにしたら強そうじゃね?と思ったからです。結果的に対戦相手にあまり考慮されずトリル乱舞からのガルーラで押し通せたりと思わぬところで刺さりました。

115.png115-m.png
ガルーラ@ガルーラナイト きもったま→おやこあい
意地っ張りHA
捨て身タックル/猫騙し/地震/グロウパンチ

初めてグロパンを使ってみましたが強いですねこれ。まずクレセを筆頭とした物理受けを処理(相討ちになることもあるが…)できるのはガルーラを使ってる身としてかなり気が楽になります。当然のことなのですがゴツメが結構辛いので少しデリケートに扱った方がいいと感じました。

244.png
エンテイ@食べ残し プレッシャー
陽気HdS
聖なる炎/どくどく/守る/身代わり

上記ではガルーラで物理受けを処理できると書いたものの、やはり安定して処理できるルートは欲しいと感じどくまものエンテイを採用。チョッキや鉢巻の印象が強いのか大体の物理受けは突っ張ってくるので毒を撒けばあとは楽に処理できます。このポケモンを使っていていくつか強いと感じた点がありました。
まずプレッシャーによるPP枯らしです。こちらよりSの低いポケモンに対してはPPを枯らし、強引にタイマンで勝つことができます。(例:有効打が地震のみのマンムー)有利対面で聖なる炎を打つことで受け出ししてきたポケモンを5割で火傷にでき、S関係によってはそのままハメることができます。
C無振りクレセのサイコキネシスで身代わりが壊れないようになっているのでクレセリア+αの並びには積極的に出していけます。

245.png
スイクン@カゴ プレッシャー
図太いHB
熱湯/吠える/瞑想/眠る

ここまでの並びで氷・水の一貫性が凄まじかったのと、エンテイではクレセリアは処理できてもヒードランがいるとどうしようもないので自然とスイクンが入ってきました。相手が積むのを妨害したかったので吠えるを採用。何となく投げても腐ることが多いので詰ませられるもしくは、積みサイクルと対面したときに選出するようにしました。


【基本選出】
・クレセリア+ガルーラ+α
このPTのコンセプト。ガルーラの高火力を押し付けて勝てそうなときは積極的にこちらでいきます。
残りの1匹はガルーラを動きづらくしている相手を処理できるポケモンを選出します。例を挙げるとガルーラ、ボーマンダ、物理受けといったところです。これらのことから霊獣ランドロスかエンテイを入れることが多かったです。

・ボルトロス+霊獣ランドロス+α
クレセガルーラで厳しいと感じたときにはこちらの並びを選出します。主に霊獣ランドロス・カバルドン始動の積みサイクルやクレセのいないスタンパに強く出れます。積みサイクルならスイクン、スタンパならガルーラを選出するようにしていました。


【総括】
ORASはXY終盤に比べるとゲンガーの数が少なくなったので、ガルーラの通りがよく選出しやすくなった印象です。

相手にしていて辛い・厳しく感じたポケモンや並び
・サザンドラ
眼鏡かスカーフを判断することが難しい上に、こちらには受け出しできるポケモンがいないので半強制的にボルトロスの選出せざるを得なかったので選出幅を狭められてしまいます。

・メガリザードンY
このポケモンを受けられるのがエンテイのみなのですが、エンテイもこれといって有効打を持っているわけでもないので上記のサザンドラと同様上から殴れるボルトロスで対処していました。

・霊獣ボルトロス
悪巧みされたらこちらのパーティは崩壊します。

・ブリガロンorナットレイ+ヒードラン
辛すぎるわけではないのですが宿り木等を挟み回されてるだけで結構な被害を受けてしまい相手の裏によってはそのままぶち抜かれてしまいます。

メガリザYへの解決策としてガルーラの地震をふいうちにすることで縛れるようになります。
その場合ヒードランやギルガルドといったポケモンを見れなくなるので環境に合わせて変えればよいと思います。
そのほかの上記に書いたポケモンに関してはパーティ構成上厳しくなってしまうと思うので仕方ないのかもしれません。


エンテイは今まで使ったことのなく評価も低かったのですが、使ってみて思っていた以上のポテンシャルを秘めたポケモンだと感じました。またクレセリアの乱舞で蘇生した後に再びハメるのは気持ちのいいものでした。
選出に悩むことがあまりなかったので久々に良いパーティができたんじゃないかと思います。
目標としていたレート2000にものせることができたので満足しています。

最後まで読んで頂きありがとうございました!
new_B5eNVNvCUAA1ViU.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。